一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

上級講座について

上級講座について

上級(自分のこころのコーチング講座)

上級講座のテーマは「自分自身」です。
一番身近な存在である、自分自身。
うまくつきあっていくためにはどうしたらいいのでしょう?
さまざまな視点から考えていきます。

●自分自身を知るために必要なもの

顏に汚れがついていたとします。
その汚れに気づくためには、どうしたらいいでしょう?
鏡を見るか、ひとに教えてもらうか、この2つが多いと思います。


自分の性格や心の癖も同じです。
自分を知るために、自分で自分を見ようとしても無理なのです。
自分ひとりだけでは、自分を外から見るのはむずかしい。
鏡を持ってくるか、客観的にどんな状態なのかを教えてくれる人が必要です。
では、「心を映す鏡」や「教えてくれる人」はどこにいるのでしょうか?

●生きづらさを感じたら

最近、よく「生きづらさ」という言葉聞かれます。
うまく人間関係が作れない
なぜ、こんなに怒りを感じるのだろう。
なぜ、こんなにうまくいかないのだろう。
なぜ、私はこんなにダメなのだろう。
そうやって、自分を卑下して、責めてしまう。


また、そこまでではないけれども、
大きな悩みはない
仕事も家庭もある
でも、何か欠乏感やうまくいっていない感じがある。


「何か足りない」そう思いながら生きているとき、
「こんな自分は本当の自分ではない」
そう思っているときが多くあります。


そんなとき、
もっとがんばらなくちゃ
もっと我慢しなくちゃ
もっと人より秀でなくちゃ


私が悪い
あの人が悪い
社会が悪い
そうやって、誰かを痛めつけても、心に空いた穴は小さくなりません。


「生きづらさ」を解決するカギは、「自分を知る」ことにあります。
等身大の自分を知り、理解し、受け入れる、ということです。
がっかりしちゃう自分も「私なのだ」と、迎え入れることです。
自分を受け入れられたら、心の中の生きづらさはだんだんと形を変えていきます。

●自分の心は誰も傷つけられない。傷つけるのは自分。

「なぜ私の周りの人は、私の心の地雷を踏むのだろう」
といらだち、心が傷つくことはありませんか?
その地雷は、実は自分が埋めたものです。
しかも、踏まれているのではなく、”自分で”踏んでいるのです。


心の地雷、というのは、

  • 劣等感
  • 罪悪感
  • おそれ
  • 義務感

といったものです。

まわりの人の言葉や態度に反応して、自爆します。


でも、地雷を埋めた場所、地雷を埋めたわけを知ることができたら、踏まなくてすみますよね?
地雷の撤去も進んでいくことでしょう。
ちょっと抽象的ですが、地雷を扱う方法を知ること。
それも「自分とうまく付き合っていくための方法」のひとつです。

●地雷の場所を教えてくれる鏡は

「心の地雷」
その場所を教えてくれる鏡は、実はまわりの人です。


特に、

  • 何かイライラする人
  • もやもやする人
  • 苦手な人

そんな人が鏡になって教えてくれます。


イライラする、もやもやする、
その心のゆれ自体、地雷が反応している証拠だからです。


上級講座では、「他人を通して自分を見る」ワークをたくさんしていきます。
「苦手な人」は、どんな鏡になって、あなたの地雷を教えてくれるでしょう?

●上級講座の内容

上級講座では、

  • 〇感情と体
  • 〇心の欲求とエネルギー
  • 〇思考の中の裁判官とマイルール
  • 〇思考のアンテナ
を柱として、自分を理解していきます。

きっと「自分らしく生きる」ためのヒントが見つかることと思います。


自分らしさを掘り出すためには、足し算ではなく引き算が必要です。
子どものときから握りしめていたものを、手放し、いらない殻を脱ぎ捨てましょう。
つるんとしたゆで卵みたいなあなたが出てきますように。


出てきた自分は、「完璧な自分」ではありません。
不完全でも大丈夫、という安心感を得た自分です。
本当の強さとは、どんな自分にも価値がある、と思えることです。

●上級講座に関するQ&A


上級講座だけの参加はできますか?

はい。できます。
どうぞ、いらっしゃってください。

この講座に出れば、私は変われますか?

この講座の目的は「変わること」というよりは、「戻ること」。
本来の自分に返る、ということなのです。
今はもういらなくなったものを、感謝をこめて脱ぎ捨てていきます。

人生や仕事がうまくいくようになりたいのですが…

うまくいかない、と感じている要因は何でしょう?
どんな状態であれば「うまくいっている」と感じているでしょう。
この講座では、もともと持っている資質(おっちょこちょい、せっかちなど)は直すことができません。
しかし、おっちょこちょいでも、せっかちでも、幸せに生きる視点をお届けします。
「うまくいく」についてのとらえ方も変わるかもしれません。

劣等感が強く、自信が持てません。もっと強くなれますか?

強くならなくても、自信がなくても、自分を卑下しなくなります。
ひょっとしたら今は「自信を持たないこと」で何かメリットがある状態なのかもしれません。
「私ダメなんです」と言っていた方がラクな気持ちがしませんか?
その辺も講座で見ていきましょうね。

2回の講座で、効果が出るのでしょうか?

効果が出る、ともいえるし、効果が出ない、とも言えます。
まず、どのくらいのところに目標を立てるか、です。
気づくステップ、わかるステップ、できるステップ、学びにはさまざまな段階があると思います。
今、どの段階にあるのかを知ることからはじめましょう。

次に、学んだことを続けていくこと。
何十年もかかって培ってきた考え方の癖は、そのときは取れたように感じても、揺り戻しが来たりします。
わかったように感じても、いざとなったらできなかったりします。
私自身もそうでしたが、それがふつうです。
学んだことを続けていくことが、必要になっていくことでしょう。

きっといい講座のはずです!でも、その後が怖いのです。
ただの満足で終わってしまいそうで…。

講座での学びをちゃんと役立てなくちゃ!!と思うのですね。
「楽しんでみてみよう」の方がいいかもしれません。
「役立てなくちゃいけない」という思いの裏には、
「私なんかがお金を使ってはいけない」
「私は役に立つ人間でなければいけない」
などの、なんらかの思いが投影されているかもしれませんね。
楽しもうとすると、自分の中で何が起きるでしょう?
その辺も感じてみるといいかもしれません。

上級講座スケジュール


▲ページ上部へ