一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

東北

東北

高橋 幸恵(福島県)

高橋 幸恵
氏名
高橋 幸恵
地域
福島県
URL
http://ameblo.jp/bunchos2/

こんにちは 高橋幸恵です。中3の娘、小6の息子の母です。
娘は夜泣きがひどかったものの、物分かりがよく育てやすい子どもだったので怒る必要はほとんどありませんでした。が!息子の登園しぶりをきっかけに状況は一変。もうイライラが止まらない。どうしてこんなにもイライラするのか全くわかりませんでした。

そんな状況をなんとかしたくて子育て関連の本を読みあさり、良さそうなことをやってみるも数日でまた元の状況に…。それならばとカウンセリングを受けてみても答えはもらえず…。
小学校になってもグズグズの朝は続き、嫌がる息子を車に押し込んで登校させる毎日でした。そんなときミカさんのブログに出会います。

【子どもとなかよく、自分ともなかよく】
これは子どものこころのコーチング講座のテーマなのですが、『自分となかよく』がわからない、どーゆーこと⁉︎
『子どもとなかよくなりたい、そう思うならまずは自分となかよくなる。自分の声を聴くことが必要』
なるほど…。早速自分の声を聴いてみても聴こえなーい。感情にフタをしちゃっていたんです。でも諦めずに『聴く』を続けていると…怒りの下にあった本音は「〇〇(←息子の名前)はズルーイ‼︎わたしも学校休みたかったー‼︎」でした。なんだかおハズカシイのですが、この気持ちに気づいてからはこれは本音に息子を叱るべき問題なのか?感じてみることでスーッとイライラの波が引いていくようになりました。もちろんいつもではありません。残念ですが(笑)でも、自分の気持ちを自分がわかっているってとってもいい気分ですよ。

子育ては抑え込んでいた感情が噴き出したり、自分を縛っている価値観を子どもが見せてくれたりする時期、イライラした時こそ生き方を変えるチャンス。子どもとなかよく、自分ともなかよくなれる。そんな講座を受けてみませんか?みなさんにお会いできることを楽しみにしております♪

いかり屋 広恵(秋田県)

いかり屋 広恵
氏名
いかり屋 広恵
地域
秋田県
URL
http://s.ameblo.jp/pchan-kokechan/

地元秋田を拠点にカウンセラーとして活動をしておりますが

以前は、地元で25年間保育士として勤めてきました。

その中で、たくさんの子どもさんたちや保護者の方々と関わらせていただきました。

私自身にも二人の子どもがいますが、(長男・長女)長男は、生後6カ月から、2つ下の長女は生後9カ月から私の勤める保育園に入所しました。

不思議なもので、保育士の立場から見る子どもたちの行動は、大概のことは成長の一過程として 受け止められてきたのですが、我が子に対しては、中々それができない自分がいました。

どんなに周りから「大丈夫だよ」と言われても、そう思えない自分。

幼少期の子育ては、まさしく出口の見えない長〜いトンネルに入ってしまったような、そんな不安と焦りでいっぱいでした。

そんな私が、心理学と出会い学びを深めていくうちに、大きなカン違いをしていたことに気がつきました。

それは、子どもの行動を勝手に自分が問題として捉えてしまっていたこと。

子どもの行動の奥にある、思い(心の声)に触れてあげることよりも
自分自身の都合に合わせるために、
子どもをコントロールしようと一生懸命だったことに気がついたのです。

子どもって
お母さんを困らせるつもりなんてないんですよね。誰よりも、何よりもお母さんが1番大好きなんですからね。

お母さんは、子どもにとっての、心の安全基地になってあげる。それだけでいいんですよね。

「どんなあなたでもいいんだよ」
「あなたはあなたのままでいいんだよ」
「どんなあなたのことも愛しているよ」

子どもさんに伝えると同時に
ママ自身に伝えてほしい思い・言葉です。

この講座は、きっと話すだけでラクになれ、聞いてもらえるだけで安心でき、少しずつ「自分と仲良く・周りと仲良く」を体感できていくはずです。

ひとりで抱えこまずに、勇気をだして 一緒に一歩踏み出してみませんか?

全国各地のみなさんと、お会いできることを楽しみにしております。