一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

お知らせ

すまいるママ塾 ~Vol.2

悩んでいるママをひとりにしない SMILE MAMAA JYUKU

すまいるママ塾 Vol.2 こどものカラダはとっても雄弁!「こどもの症状から教えてもらう 親子のあり方・家族の成長。」

第二回すまいるママ塾は、 自然治癒力学校を主宰されている、おのころ心平さんをお招きして行います。

今回のテーマは、家族。

子どもの体に出てくる症状を通して、家族を見ていきます。

また、今回は新しい試みとして、動画配信を考えています。

会場は東京ですが、遠方の方ためにパソコンやスマートフォンを通して、中継をいたします。

たくさんの方に、おのころさんのメッセージが届きますように。

 

 

 

ママの中にある罪悪感

子どもが病気になったとき、あなたはどんな気持ちになりますか?

 

 

かわいそう つらそう 大丈夫かしら? 困ったなぁ

といった、心配や不安が多いかもしれません。

また どうしてこのタイミングで病気に…

 

どうしてうちの子にこんな症状が出るのだろう…

わたしがきちんと体調管理してあげていたら…

わたしが健康な子に産んであげられなかったからかしら…

と自分を責めてしまうお母さんも多いかもしれませんね。

母親になると、「子どもを守らなくては」という責任感が出てきます。

毎日「命」を預かっているのですもの、そのこわさを感じることが多々あるのも当然のこと。

子どもに対して、つい

「わたしのせいで…」

と罪悪感を感じてしまうときも、あることでしょう。

 

 

 

病気は「自分らしさ」を見つけるカギにもなる

今回、講師としてお招きする、おのころ先生は著書「病気は才能」で

”ココロの力で、あなたの病気を病気でなくすことができる”

病気は才能 おのころ心平

という趣旨の話を書いています。

病気を病気でなくする??

いったい、どういうことでしょう?



まずは、体に出てくる症状を否定しない、ということです。

「よい」「悪い」という観点で見ない。

 

病気を「悪いもの」と決めつけずに、症状の裏にある心を見つめます。

すると、病気を通して「自分らしさ」さえ、見つけることができるのです。

こういったプロセスは、コーチングと同じですね。

今起きていることを「よい」「悪い」という観点で見ず、その根っこを見つめること。

そこに、宝物が眠っています。

 

 


こどもがそのカラダをはって発するメッセージ

もし その子どもの病気の症状がマイナスだけでなく、プラスな要素もあるとしたら…

もし、 子どもがカラダを通して、わたしたち親に何かを伝えてくれているものだとしたら…

その、症状に対する思いや見方も変わってくるのではないでしょうか。

それによって、病気に対する不安な気持ちも前向きにかわり、子どもをより愛しく思えるかもしれません。

ここで、おのころさんからのメッセージを紹介しますね。

おのころさんメッセージ

病気は、家族の関係についても、教えてくれるものなのですね。

おのころさんは、医学・生理学・心理的それぞれに精通されています。

興味深いお話がお聞きできそうです。

 

 

 

子どもから病気を見る、家族の絆
母と子 写真

第2回すまいるママ塾は、子どもの症状から 家族の絆について 考えていきます。


子どもの病気で不安になりがちなママが、自分自身に寄り添い「大丈夫」と思える心を育みます。

おのころさんの講義のあとには、 当協会インストラクター愛川よう子が皆さんから頂いた質問を、おのころさんへ直接お伺いします。

 

おのころさんへの質問は、講座お申し込みと同時に募集します。

この貴重な機会をお見逃しなく!

当日はおのころさんの書籍販売(&サイン会)も予定です、

もりだくさんの内容でお送りします。

すまいるママ塾の大きなテーマは 悩んでいるママをひとりにしない です。

もちろんママだけでなく、子育て支援者、医療従事者の方の参加も大歓迎です。

 

 


動画配信について

今回は、遠方で来られない方のために、動画配信も予定しています。

(録画ではなく、ライブ配信となります)。

Ustream(ユーストリーム)という方法で、どなたでもパソコンやスマートフォンで見られます。

 

(お時間になりましたら、こちらに アクセスいただき、 開催前日に、メールにて送付するパスワードを入力いただきますと、視聴できます)

 

スマートフォンの場合、必ずWi-Fiをつないでご覧ください。

 

 

おのころ心平 ボディ・サイコロジスト パーソナルコーディネーター顔写真

カラダのクセや症状から、そのクライアントの心理状態を読み解き、ココロの生活習慣、カラダの生活習慣改善をうながすカウンセラーとして20年間、2万2000件以上の臨床実績をもつ。

なかでも、子供たちのカラダの成長に伴い起こる症状や子供のアトピー性皮膚炎の背景にあるココロについて、本人、あるいは両親の見えない心理状態を解読することについては定評がある。

2008年末、一般社団法人自然治癒力学校を設立し、これまでの経験やセルフケアに関する知識を講座やワークショップとして全国展開。

多くのセラピスト、代替療法家、教育者、 医療従事者への指導を行なう。

著書に、『病気は才能』(かんき出版)、『ゆるすいっち。』(主婦の友インフォス情報社)、『ibマッピング』(マガジンハウス)、『月やせ。』(KADOKAWA)、『その痛みなんとかします』(KKベストセラーズ)他多数。

 

病気は才能 おのころ心平 ゆるすいっち ibマッピング

► 一般社団法人 自然治癒力学校
► ブログ「ココロとカラダの交差点」


愛川よう子 子どものこころのコーチング協会認定インストラクター顔写真

長男を出産後、初めての子育てで、大きな挫折を経験。
いい子に育てなければ!の一心で、自分の価値観にとらわれ、気付けば指示や禁止で「ダメ」ばかり言っている母親に。
子どもの気持ちも理解できず、衝突ばかり。
このままでは子どもの自己肯定感がボロボロになってしまう!

親子の信頼関係が全く育っていない!と気づき、2012年秋よりコーチングを学び、 自分自身の子育てにコーチングコミュニケーションを取り入れる。
するとみるみる親子関係が激変!子どもは自信を取り戻し、親子の信頼関係もしっかり育て直すことができる。

そんな実体験で得た、子育てがラクになる「子供への共感力」と「コミュニケーションスキル」を多くのママたちに伝えていこうと、独立を決意し、会社員からプロコーチに転身。

イライラ育児から、子育てが楽しい!子どもも自分も大丈夫!に変わるママのためのコーチング講座、講演・個別相談などを多数。


  ►ブログ「叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法」

 


こどものカラダはとっても雄弁!「こどもの症状から教えてもらう親子のあり方・家族の成長」2016年3月10日 講師おのころ心平 ファシリテーター 愛川よう子 東京都墨田区横綱 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入り口に直結 JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩6分
http://tokyo-kfc.co.jp/access/

 


主催 一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

すまいるママ塾に参加

 

 

 

*メールアドレスは、なるべく携帯電話以外をご記入ください。
 携帯電話のメールアドレスを記入される場合には、
 ・パソコンからのメールを受信OK
 ・ の受信設定をお願いいたします。

*お申込みをしていただいた直後に、自動返信の確認メールが届きます。
 この確認メールが届かない場合は、
 ・入力されたメールアドレスが間違っている
 ・パソコンからのメールや からのメールを受信できていない
 可能性がありますので、ご確認のうえ再度お申込みいただくか

(事務局)までご連絡ください。


2016年02月01日