一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

お知らせ

託児付!子どもが笑顔になるほめ方レッスン

こんにちは。

子どものこころのコーチング協会では、8月2日に、表参道でイベントを行います。

 

お子さんを、どんなふうにほめていますか?

何のために、ほめていますか?

 

「ママ大好き!」「パパ、うれしいドキドキ

と、お子さんが 笑顔になるほめ方を知りたい方、必見です!

 

子どもが伸びるほめ方をお伝えします。

お申し込みはこちら

 

takeya983667@gmail.com 田中梓(1期インストラクター)まで

 

お名前、参加されるお子さまのお名前、年齢(学年)・メールアドレス・携帯電話番号をお知らせください。

 

13717959_931968203579365_1926744513_o

 

よく、受講者の方々から

「ほめたいけれど、うまくほめられない」

というご質問をいただきます。

 


「こんなささいなことで、ほめてよいのだろうか?」

「どんなふうにほめたら、子どもが伸びる?」

「ほめても、子どもが喜ばない」

「ほめてはいけないと、聞いた」

 

そういった疑問があるようです。

 

13833089_931968276912691_420375046_o


当協会では、「ほめる」ことが よいか、悪いかという議論はしません。

ほめられることで「子どもが安心感を感じられるか」に目を向けていきます。

 

ほめられることで、エネルギーチャージされる子は ほめればいいし、

ほめられても あまり響かない子には、ちがう方法を取り入れましょう、とお話ししています。

 

 

今回のワークショップは、その「ちがう方法」について、「アートセラピー」を使ってお伝えしていきます。

「ほめる」に似た方法で、「承認」というものがあります。

 

「認める」という感覚に近いでしょうか。

ほめる、は 評価が入ってくるので、「よい」「悪い」といったことが基準になっています。

 

13717928_931970543579131_1938473790_o

 

そのため、子どもに こんな行動が見られたら、ほめすぎ注意!

 

・ほめられるために行動するようになる

・ほめられないと、やる気を失ってしまう

・親の顔色を見ながら、ほめられるようにふるまう

 

「ほめる」ことには、弊害もあるのです。

 

13720580_931970583579127_844189058_o

 

また、こんなことで 困っておられるという話も…。

 

「ママお絵描きしたよー!見てみて〜!!」

の声に

 

「すごいね〜!」「わぁ、上手だね〜!」

と声がけをしているけど、延々と続く「見て見て攻撃」にだんだん疲れてきてしまう。

 

意外と、ほめ続けるって 大変なんですよね。

ほめ言葉って、意外と少ないですし…。

 

 

たとえば、別にすごくないけど…と思いながら、

「わー、すごいねー!」

 

と声をかけてしまい、罪悪感。

「ほめる」って、とりあえず「すごい!」って言えばいいから楽なんだけど、ちょっと雑な感じがしますよね。

 

13835680_931970643579121_492806772_o


ほめることも大切なコミュニケーションツールですが、承認を使うと、もっと気軽に子どもに声をかけられます。

 

・見たままを伝える

・前より成長したところを、伝える

・子どものこだわりに気づいて、伝える

 

ささいな言葉かけなのですが、子どもの心には とっても響くんです。

 


子どもの心がチャージされるのは、

「ママ(パパ)が見ていてくれる!」

という安心感。

 

「承認」を使ったコミュニケーションは、子どもの心に安心感を育てます。

 

子どもの心に必要なのは、刺激だけでなく、安心感。

心のエネルギーが満タンになり、お子さんが 自分らしい方向に ぐんぐん育っていきます。

 

13835771_931968873579298_174969776_o

 

このイベントでは、お子さんが 自由に創作活動をする様子を見ながら、

 

どんなふうに 声掛けをしていったらよいか、を 具体的に お伝えしていきますよ。


講師紹介 

●色彩学校チャイルドアートカウンセラー 花岡千恵
●アートセラピー 輿石典子

(当協会のインストラクターです)

絵は子どもの心理状態を表すという話を聞いたことがありますか?

 

●子供達が作品を作る際、どんな画材を選ぶのか?

●お絵描きを選ぶのか、紙粘土での工作を選ぶのか?

 

そんなことにも、お子さんの内面が表れるってご存知でしたか?
 

興味深いですよね。
 

でもね、もっと大切なことがあるんです♡
 

それは子どもが自由な環境で作った作品には、その子の伝えたいことが素直に表されているということ。
 

「黒いお花なの?」「あれ?眉毛は?(^^;」

 

などと、ついついママの「こうあるべき」「この方がいいんじゃないの?」をアドバイスしたくなっちゃいますが、

 

どんな作品もみんな素敵だねって子どもの気持ちを大切にできたらいいですよね。

 

お子さんの作ったアートを見ながら、「承認」の言葉かけを学びませんか?
 

大人は子育てにおいて大切な学びや気付きを、子どもは自由に表現する楽しさを実感

できるとってもアットホームで楽しいワークショップです。

 13439131_920236618085857_8107848241918441289_n 12745431_573136912838097_5818483899299260963_n

 

対象年齢は、幼児(ママと離れて作品作りができるお子さん)〜小学生までと、幅広くご参加いただけます♡

夏休みのひととき、ぜひ親子で気軽に遊びにいらして下さいね。

 

 

ご希望の方には、ワークショップ内容終了後、インストラクターが個別に子育てに関するお話をお伺いすることもできます♡

(500円/15分、その間保育士資格のあるインストラクターがお子様をお預かりします)

 

 

こんな方におすすめです

 

◎ 子どもの作品についつい型にはめた口出しをしたくなっちゃう…(>_<)
◎ 子どもの見てみて攻撃に疲れるー…(>_<)
◎ 褒める以外に子どもを認める方法を知りたい
◎ もっともっと絆を深めるコミュニケーションの取り方を知りたい
◎ 子どものこころのコーチング協会や初級講座に興味がある
◎ インストラクターってどんな人たちがなってるの?と興味がある
◎ 初級講座で学んだけれど、もう一度「承認」について復習したい


などなど、どんなきっかけでも楽しんでいただけると思います(^^)

 

♪日時:8月2日(火)10:30〜12:30
  ※開場・受付は10:15〜となります


♪場所:表参道
  ※詳細はご参加の方にのみお伝えします


♪募集 : 15組(先着順)

 

♪参加費(事前振込):親子一組 2000円
    お子さま一人追加ごとに+1000円

 

《参加に際しての注意事項》

 

★ママと離れたスペースでの創作となりますので(同室です)あらかじめご了承ください


★自由に創作を楽しめるよう、お子さんはよごれてもいい服装でお越しください

 

★会場内は飲食禁止です。ご協力お願いいたします。

 

【お申し込み方法】

 

お名前・参加されるお子さまのお名前と年齢(学年)・メールアドレス・携帯電話番号を明記の上、こちらまでお申し込みください。

 

takeya983667@gmail.com 田中梓(1期インストラクター)


※振込後のキャンセルについては返金致しかねますので予めご了承ください。


※個別相談ご希望の方は別途料金がかかります(当日現地でお支払下さい)


何かご不明な点がありましたら、上記お申し込み先のメールアドレス、または各インストラクターまで遠慮なくおたずね下さいね♡

 

 


2016年07月12日