一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

活動実績

すまいるママ塾 Vol.1 発達障害

すまいるママ塾 Vol.1 発達障害 

 

会場には60名ほどの参加者さまが駆けつけてくださり、おかげさまで大盛況でした。

 

受付の2人も大忙し。

 

12674639_1678153402424554_654486838_n

 

入り口付近にはshizuさんの著書にサインを求める方が長蛇の列を作っています。

 

おひとりで参加されている方も多く、勇気を出して会場に足を運んでくださりました。


こんなに人がいるのに お互い目を合わせることもなく、最初はどの人も落ち着かない雰囲気だったかもしれません。

 

12660278_1678153355757892_1986769926_n


すまいるママ塾をご縁に 初めて出会ったおとなりどうしで握手、そして前後の人とハイタッチ。

 

「悩んでいるママをひとりにしない」をスローガンにしている協会設立1回目にふさわしいスタートでした。

 

ABA(応用行動分析)を利用した関わり方、自己肯定感を高める働きかけなどをレクチャーしながら 
参加者にもご家庭ではどうしているのかワークをしていきます。

 

「今の関わり方が間違っているから修正する」のではなく、

「うまくいかなくても 次の一手として関わり方のバリエーションを増やす」ために。

 


できていない時を注意しがちだけど、できているときに声かけをしていくのは 

発達障害の当事者である子どもだけでなく、これからずっと長く子どもと関わっていくママにも言えること。

 

自分も自己肯定感を高め モチベーションを保っていくための自分ほめのワークで

はにかみながらも みるみる笑顔になっていく参加者の皆さんでした。

 

支援が必要なのは子どもだけでなく 誰でも同じ。ついつい自分が後回しになりがちな人こそ、

誰よりも自分を豊かに満たしておく必要があるのかもしれません。

 

12660322_1678153382424556_901819983_n

 

 

発達障害の子どもを実際に療育しているshizuさんと浜田悦子さんの対談は

「発達障害」とひとくくりにするには難しいほどの
それぞれの子どもの個性や気質の違いも浮き彫りになります。

 

まだ療育する家族の状況や 支援する学校を選ぶという環境の選択も 試行錯誤を繰り返してきたことも。

 


子どもの気持ちを分かってあげることができなくて イライラ「今、ママイライラして怒っちゃってごめんね」とあやまったこと。

 

大人でも失敗することを隠さずに「ママ失敗しちゃったよ」と伝えたこと。

 

その関わりがからこそ、子どもも自分の失敗を許せたり、ママを励ましてくれたりと 

少しずつ 自分も他者も許し、信頼関係を築いていくことになった壇上のお2人の体験を聞いて 

 

うまくいかないことや失敗から得ることも多いこと、失敗を避けることで失っているものの大きさに

ハッとする方も少なくなかったのではないのでしょうか。

 

1
対談を進行していくのは司会の上原典子さん。

 

ベテラン保育士でもあった立場からのコメントもあり、当事者である子ども 

かつて当事者であった大人 それを療育する家族、そしてそれを支える教育現場の職員。

 

悩みの真っただ中にいる人と、乗り越えた人。乗り越えられないまま うやむやにしてしまったこと。

 

ほんとうに いろんなことやものが目の前に置かれました。

 

会場にいたそれぞれの人が とても立体的に 自分と人を見つめなおすことができたのではないでしょうか。

 

100

 

(レポート・君塚由佳さん。 ありがとうございました)


2015年11月28日