一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

中国

中国

守田ユカ(岡山県)

守田ユカ
氏名
守田ユカ
地域
岡山県
URL
http://ameblo.jp/yyucayy/

私は、2013年に男の子のママになりました。
将来“自分で考えて行動できる子”になってほしいという思いから
学んだことのあるコーチングを育児に取り入れたいと思いました。

育児コーチングを調べ、和久田ミカさんの本に出会い、衝撃をうけた言葉があります。
◆「甘えさせる」のは子どもの自立のため。という言葉
※「甘えさせる」とは、なんでも子どもの希望をかなえることではなくて子どもの心を満たすこと。
※自立とは、自分の力ではどうにもならないときには、ほかの人に頼ることができること。

息子をしっかり甘えさせて育てよう。まずはそこから!と思いました。

私は、4歳の時に弟が生まれ“お姉ちゃん”としてしっかりしよう、
ママにはもう甘えられない。と思ったのです。
甘えたい気持ちを我慢した結果、我慢はたくさんの未消化感情として
思春期から溢れでてきました。反抗期は両親も私も苦しい時期でした。

子ども時代を振り返り、まずは自分の為にミカさんの講座を受講しました。

●3つの“聞く”を通して子どもに安心感をあたえることを学ぶ初級は、子どもの心を満たす要素がたくさんあるということを知りました。
●家族を4つのカラーに分けて知る中級は、親子でカラーが違うとお互いに理解が難しいと悩む方が多いと感じました。私は、両親とカラーが違い、学ぶ中で両親色の愛情を理解することができたことがうれしかったです。息子とは同じカラー。とてもわかりやすいです。

このほかにも、伝えたい内容がたくさんあり学びを深めインストラクターになりました。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

片山 良子(山口県)

片山 良子
氏名
片山 良子
地域
山口県
URL
http://ameblo.jp/happy-riko

1、はじめまして。片山良子です。
私には、20才の息子と、17歳の娘の二人の子供がいます。二人とも不登校になりました。そして、息子は、1年半の引きこもりの時期があったり、娘が中学2年の時に、子供達二人とも自閉症の傾向があると言われたりしたこともありました。

「ちゃんとして」「きちんと」「こうあるべき」って思いが強くて、どうしたらわかってくれるのかとか、私の想いをどう伝えたらいいのかとずっと考えていました。
そして、思い通りにいかなくて、どんどん自分を追い詰めて、心身とも疲れてしまいました。子供達も追い詰めていたんですね。気持ちを聞くことが出来ていませんでした。

いつのころか、「聞く」ことに意識し始めたところ、「子どものこころのコーチング講座」に出会いました。
そして、まず、「自分となかよくすること」それが一番大事だと痛感しました。
自分の声を聴くこと、感じられるようになると、心に余裕が出てきました。
出来ない日もあってもいいよねと、思いながら出来ることをしていくと、だんだんと、子供達にも変化を感じられるようになりました。

この講座は、信頼関係の土台を作る「聞き方」など、たくさんのワークを通して、実際に体感して、解りやすくなっています。
子育てで親ができることは、子どもの中に「安心感」という根っこを育てることだと感じています。その根っこがしっかり育つと、どんな状況でも立ち向かえる力が育つと考えられます。
「私は愛されている」
「私は私でいい」
「私には居場所がある」

これから、笑顔いっぱいの将来に目を向けて、ママも子どももそれぞれ違うように、自分に合った方法を見つけて、心も体もラクに感じられるようになったらと願っています。
この講座をその一つにしていただけたら幸いです。
そして、発達障害や、学習支援など勉強しながら、同じようなお悩みを持つママさんとの交流会を開いています。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。