一般社団法人 子どものこころのコーチング協会

九州・沖縄

九州・沖縄

乙田いづみ(鹿児島県)

乙田いづみ
氏名
乙田いづみ
地域
鹿児島県
URL
http://ameblo.jp/tutawaru-todoku
こんにちは、乙田いづみです。
就職した二人の息子と、大学生の娘がいます。

私がコーチングを学んだきっかけは、「私は自分の感情や周りの状況にふりまわされて、子どもたちをふりまわしているのではないか?このままではいつか子どもたちの人生をダメにしてしまうかもしれない。自分をなんとかしたい。」と考えたことでした。

地元のコーチング講座やコーチエィのトレーニングを受けながら、日々のくらしのなかで自分を観察したり、家族や周りとのコミュニケーションにコーチングのスキルをとりいれて約10年になります。

コーチングを学んで選択肢がふえたこと、自分を客観的にみる視点をえたことでずいぶんくらしやすくなったように感じます。

何よりもよかったと思うことは、以前なら「問題だ」と思っていたことが、気にならなくなったことです。「大変だー!どうしようー!」と思っていたことが、「ま、いっか。」「そんなこともあるかもね。」と思えることがふえました。

誰かの言う「正しさ」や「正解」に左右されるよりも、「私はどうしたいかな?」「そのためにどんなことをしたらいいかな?」と考えるようにもなりました。

ちなみに、コーチングを学んだからといって、周りの人や子どもを思うままにコントロールできるようになるわけではありませんし、悟りがひらけるわけでもないようです(笑)

私は、今でもよく泣きますし、おこりもします。悲しいときは悲しいし、さみしいときはさみしいです。いかりがわくときは、わいてしまうものです。

それをあまり悪いと思わなくなりましたし、感情に気づきやすく、心の声を聴けるようになったことで、逆に感情にふりまわされることがへったように思います。

自分がふりまわされないことで、周りをふりまわすこともへったようです。なくなってはいませんが。

そして、うれしいやたのしいもよりはっきり感じるようになりました。

そういうことの積み重ねで、イライラすることも必要以上に不安になることも減り、とても楽です。

私は、子育てに絶対的な「正解」はないと思っています。育児法のための育児になってしまったり、正しさを証明するための育児になってしまうと、きっと親子ともにつらいですよね。

正しいお母さん、いいお母さんじゃなくても、きっと大丈夫ですよ♪
こどもにはこどもの力があります。

子育てはお母さんがもっと幸せになるプロセスでもあると思います。
そんなお手伝いができれば、幸いです。