一般社団法人 子育てコーチング協会

マスターインストラクター

マスターインストラクター

谷川 明子(ソウル)

谷川 明子
氏名
谷川 明子
地域
ソウル
URL
https://ameblo.jp/sunmoon2278
聞き方バッジ タイプ別バッジ
『お母さんは 私の話しをひとつも聞いてくれない』
中学一年生の秋不登校となった娘から言われた一言。
私がこの講座に出会うきっかけとなった言葉です。  

私自身も高校時代に不登校の経験があります。
学校に行かなくても大丈夫なこと 学校だけが全てではないことをよくわかっているつもりでした。
自分では話を聞いているほうだとさえ思っていました。
「聞く」という当たり前のように思えることができないんだ、私…とてもショックでした。

『ただ話を聞いてほしいの』と言う娘、
「聞いてるじゃない!これ以上どうしたらいいの?」と焦る私。空回りの苦しい毎日でした。

初級講座を受講したことで私は娘の話をいつもジャッジし、いかにアドバイスをしようかと考えながら聞いていたんだと気がつきました。

「デキるお母さんになりたかった私」から
『安心できるお母さん、信じあえる親子になりたい』心の声が変化しました。

聞いてもらえた!と感じる「聞く」にはコツがある。
無理に褒めるよりも相手が認められた!と感じる「承認」が安心感の土台となる。

とにかく実践してみると子どもとの毎日は格段に楽しくなりました。
学びを活かすだけでなく 「学んでいてもできない時もある」そんな自分にもガッカリする事が減りました。

娘から『お母さん 私の話聞いてくれるようになったー』と言われた時の気持ちは今思い出しても泣きそうになります。

〜どんなお母さんでいたい?
子どもとどんな関係で居たい?〜
つまずいたら 自分に訊いたらいい。
自分の中に味方を得る、とても心丈夫です。

講座に出会って一番安心できたのは私自身でした。安心すると自分がどうしたいかが少しずつ言葉になります。大人も子どもも。

あなたに安心の糸口をそっと手渡す
そんなインストラクターでありたいです。
その糸を安心と笑顔へと繋げるのは他ならぬ
あなた自身。
あなたも私もそのチカラを持っていると思うのです。

幸野直子(奈良県)

幸野直子
氏名
幸野直子
地域
奈良県
URL
https://ameblo.jp/naoko9109/
聞き方バッジ タイプ別バッジ

奈良県の生駒市を中心に子育て講座・子育てセッションをしているゆきのです。

 保育園に通っている息子が二人います。

 社会人になって大人ばかりの世界を経験した後、保育士になり14年間乳児保育園で保育をしました。

 

保育園での最初の3年は暗黒時代。

 ・子どもはみんな私の言うことを聞いてくれない。

・子どものことと、園の仕事のダブルタスクをこなすことができない。

・他の先生より自分が劣って見える。

そんなこんなで保育士なのに育児ノイローゼ。辛い時代でした。

 

どうやって、その時代を乗り越えたか。

それは、私は私のままでいい。

ありのままの私を認める。

ということに気付いたこと。

 

周りと比べながら、周りにどう見られるかばかりを意識していたので、一人で追い詰められ苦しくなっていたんです。

それに気付いただけで、突然世界がバラ色に。

そして、10年以上保育士として働くことができました。

 

 

保育園勤めを辞めてフリーになった時、和久田ミカさんの子どもの心のコーチング講座に出会いました。

 

頭が筋肉質な私は、ありのままの自分でなくてはいけない!周りと比べてはいけない!と結局のところ自分で自分を縛りつける思考が変えられませんでしたが、「ありのままの自分でなくては。と思ってるんだなぁ」「周りと比較するのはダメだ。と感じてるんだなぁ」と自分の感情をそのまま受け取るようになったことで、バラ色の人生でもグレーでモヤがかかっている時も、私は私。と気持ちが振り回されることが少なくなりました。

 

インストラクターになっても、日々自分と対話しながら生きていきたいと思っています。

よろしくお願いします。

森山ふみ香(神奈川県)

森山ふみ香
氏名
森山ふみ香
地域
神奈川県
URL
http://ameblo.jp/carpe-diem231/
聞き方バッジ タイプ別バッジ

私には、長男、次男、長女の3人の子どもがいます。

長男が生まれた時、優しくていつも笑顔のお母さんになるものと思っていました。


しかし、実際には思い通りにならない子育てに毎日イライラ。
家事、育児、仕事に追われ、毎日がいっぱいいっぱいで、

いつのまにか子どもの前で笑うことすら忘れていたのです。

 

5歳の長男とお絵かきをしている時、

「お母さんの顔を書いてみて。」
とお願いされました。


にっこり笑っている似顔絵を書くと、
「これは笑ってるからお母さんじゃないよ。」
と言われ、理想のお母さんとはかけ離れた現実に愕然としたのでした。

 

 

子ども達が小学生になると、子育てに大きくつまづく出来事が起こります。

担任の先生の報告と食い違う内容に
「本当のことを言って!」と問い詰める私に、泣きながら
「僕のことは誰も信じてくれない。」という我が子。


私は正しさを押し付けて、子どものことを信じてあげていなかったことにハッと気が付いた瞬間でした。

今思えば、私が笑えなかったのも、正しい子育て、いい子に育てることに目が向いていて、子どもの気持ちに寄り添って聞いていなかったのですね。

 

そんな子育てを変えたい。まず自分が変わらなきゃ!と決意したときに、コーチングに出会ったのです。

初級講座で「聞く」ことの大切さを学び、実践していくうちに、少しずつ子育てがラクになり、子ども達と笑いながら話す時間を持てるようになっていきました。

 

また、何よりも自分との関係が変わりました。

できない自分を責める子育てから、自分も子どもも信じられる子育てに変わっていったのです。


今でももちろん怒ることも悩むこともありますが、
「できないときがあってもいい。そんな自分でもOK。」
と思えるようになりました。

 

子どもとの関係を変えようと思ったら、まずは自分との関係を変えること。
変わりたいと思った時があなたのタイミングです。
私と一緒に笑顔を取り戻し、子育てをラクにしてみませんか?

村上桃香(岐阜県)

村上桃香
氏名
村上桃香
地域
岐阜県
URL
https://momoka1975.amebaownd.com
聞き方バッジ タイプ別バッジ

子どもが授からなかった時期、誰にも言えなかったけれど、内心ホッとしている自分がいました。

その奥にあったのは、「子育てなんて無理…」という怖れでした。

 

心理学を学び、全体を俯瞰する「鳥の目」という視点に出会います。

誰かに頼ってもいい、自分で選んでいい…

 

ユラユラ揺れながら怖れが段々小さくなってきた時に、ぽっ…と授かった我が子。

もしかしたら、「大丈夫だよ。なんとかなるから」…を、伝えに来てくれたのかもしれません。

 

 

転勤族の為、実家(宮崎)、義実家(栃木)からも遠く離れた秋田県での出産。

 

今まではありえなかった選択肢「頼る」「手を抜く」に勇気を出してみました。

すると想像とは真逆の「なんとかなるさ子育て」の世界が開けたのです。

 

とは言え、生意気盛りの我が子に秋田仕込みのなまはげの如く怒ったり、他のママと比べて自分の不器用さにため息をついたり…「なんとかならない」に直面することも多々。

 

だけど、講座のテーマである「自分と仲良く、子どもとも周りとも仲良く」から、自分の心の声を聞く習慣ができたことで、ストレス時間が短くなりました。

 

すると、「子育ての喜びを教えてくれた我が子のために何が出来る?…喜びを分かち合い、しんどさを助け合い、夢を応援し合える社会を広げよう!」と、夢が広がったのです。

 

「そのために親である私たちも、一人ひとり自分らしい花を咲かせていこう。」そんな思いをギュッと込めて、講座をお伝えします。

 

我が子からもらった「大丈夫」のバトン、あなたにガシッと手渡しまスヨ♪